本文

1. 新しいプロジェクトを作成する

ログインすると「ホーム」画面が表示されます。 はじめてログインした場合は、まだ何もありません。

まずは新しいプロジェクトを作成しましょう。 プロジェクト名を入力して、 ボタンを押すか、キーボードのEnterキーを押すと、新しいプロジェクトが作成されます。

ユーザーは複数のプロジェクトを持つことができ、「ホーム」にプロジェクトの一覧が表示されます。 一覧表のプロジェクト名をクリックすることで、編集するプロジェクトを選択できます。 画面右側のナビゲーションに、現在編集中のプロジェクト名が表示されます。

2. 脚本を登録する

早速、脚本を登録してシーンの一覧を作成しましょう。 脚本のテキストデータがあれば、ひとつずつシーンを登録するのではなく、自動的にシーンと登場人物の一覧を作成することができます。

画面左側のナビゲーションから「脚本」を選択してください。 新しく作成したプロジェクトにはまだ脚本がありません。 初期状態として、テキストの入力エリアには書式の例が書いてあります。 そのまま ボタンを押すと、入力テキストがどのように処理されるか確認できます。

  • はじまりが ○(全角まる)となる行を柱書と判断します。自動的にシーンナンバを振ります。
  • 末尾が 」(カギカッコ)となる行をセリフ行と判断します。
  • それ以外をト書きと判断します。自動的にインデントします。

3. 脚本からシーンと登場人物を追加する

脚本が保存できたらシーンを追加していきましょう。ナビゲーションから「シーン」を開きます。

シーンのページにある 脚本からシーンと登場人物を読み込む というリンクを選択してください。次のページで、先程登録した脚本から自動的に生成されたシーンと、そのシーンの登場人物の一覧が表示されます。

左端のチェックボックスにチェックが入っているシーンが追加・上書きされます。初期状態ではすべてのチェックがオンになっています。 シーンナンバーや内容について訂正したい箇所がある場合は、その箇所をクリックして選択すると編集ができます。 内容を確認して、問題がなければ ボタンを押します。

これでシーンと登場人物が追加されました。

4. 登場人物の情報を追加する

つぎは登場人物を登録しましょう。うまくいっていれば、先程の手順でシーンと同時に登場人物も作成されているはずです。しかし、まだ脚本に書かれた「登場人物の名前」しかありません。実際の制作作業に入れるよう、情報を追加しましょう。

ナビゲーションから「関係者」を開いてください。 関係者一覧の画面は「出演者」と「スタッフ」にわけられています。 上部のボタンで表示を切り替える事ができます。

登録済の人物を編集したい場合は、編集したい箇所をクリックして選択し、編集内容を入力後、そのままEnterキーを押してください。 最も新しく変更された人物がトップに来るように表示されます。これは単純に順番を並び替えたい場合にも使用できます。

この画面では複数の人物を一度に編集・保存はできません。Enterキーを押した際に保存されるのは、そのとき選択されている人物の情報(つまり同じ行の情報)のみです。

もし複数人を一度に編集したいという場合は、 脚本から登場人物を読み込む というリンクを選択してください。次のページで、登録した脚本から抽出された登場人物の一覧が表示されます。このページでは複数の変更を一度に保存できます。

総合スケジュールに項目として表示したい場合(つまり主要な登場人物である場合)は「総スケに表示」にチェックを入れます。

出演者の氏名については、もしかすると現時点ではどの役を誰が演じるか決まっていないかもしれません。 そういった場合は空欄にしておいて、あとで編集する事ができます。スケジュール表では「未定」と表示されます。

新しく登場人物を追加したい場合は、最上段の欄に入力して、キーボードのEnterキーか ボタンを押すと、登場人物が登録されます。

登録済の登場人物を削除したい場合は、左にある赤いゴミ箱ボタン を押してください。

5. シーンに登場人物を追加する

新たに登場人物を追加した場合は、シーンと関連づけましょう。ナビゲーションから「シーン」を開きます。

シーンの一覧には役名が項目として表示されます。 ここには登録した全員が表示されます。

役名ではなく出演者氏名で見たい場合は、上部のボタンで表示を切り替えることができます。

それぞれのシーンに登場する登場人物のところにチェックを入れていきます。

入力はマウスクリックでもできますが、キーボードショートカットを使うと便利です。 画面上部に記載の「キーボード操作のヒント」を参照してください。

シーンの内容を変更したい場合は、変更したい箇所をクリックして書き換えてください。

ここでは複数の変更結果を一度に保存することができます。 保存する場合はEnterキーを押すか、画面上部の ボタンを押してください。いずれの場合でも、現在選択されている入力欄以外も含め、ページ全体が保存されます。

 

シーンを追加する方法として、先程のように脚本から読み込むのではなく、手動でひとつずつ登録することもできます。 一覧表の上にある入力欄から入力します。

ただし、シーンを手動で追加した場合、そのシーンは脚本の記載とずれていることになります。もういちど脚本から読み込む操作をした場合、シーンナンバが同じシーンの情報はすべて上書きされてしまうことに注意してください。

シーンナンバーは1からはじまり、1ずつ増加します。 もし任意のナンバーを割り当てたい場合は半角英数字で入力してください。

柱書、場面の説明、屋外か屋内か、時間帯などシーンの情報入力ができたら ボタンまたはEnterキーを押します。

6. スケジューリング

シーンの入力ができたら、どのシーンをいつ撮影するか、スケジュールを組みましょう。 ナビゲーションから「スケジュール」を開きます。 基本的な流れとしては、総合スケジュールで、どのシーンをいつ撮影するかを入力し、自動的に整理される日毎スケジュールに詳細を記入する、という作業になります。

6.1. 総合スケジュール

総合スケジュールのページから、撮影の日付と時刻、撮影するシーン、撮影場所を選択して、 ボタンまたはEnterキーでスケジュールに追加します。

今の段階で時刻が決まっていない場合、時刻は空欄にもできます。

追加されたスケジュールは後から変更することができます。 日付と時刻は半角英数字で入力してください。

複数の変更結果を一度に保存することができます。 変更を保存する場合はEnterキーか、画面上部の ボタンを押してください。いずれの場合でも、現在選択されている入力欄以外も含め、ページ全体が保存されます。

登録されているスケジュールをキャンセルしたい場合は、日付と時刻を両方とも空欄にして保存すると、そのスケジュールはキャンセルされます。

6.2. 日毎スケジュール

総合スケジュールの左にある ボタンから、その当日のスケジュール、いわゆる日スケを表示できます。

日毎スケジュールには、これまで入力してきたシーンや総合スケジュールの情報などが既に記載された状態です。出演者の送迎時刻や場所、諸注意や連絡事項など、当日の撮影に関するさらに詳しい情報を追加していきましょう。

変更を保存する場合はEnterキーか、画面上部の ボタンを押してください。いずれの場合でも、現在選択されている入力欄以外も含め、ページ全体が保存されます。

7. 撮影場所

撮影場所の情報は、ナビゲーションから「撮影場所」を開き、名称、住所などを入力して登録します。登録された撮影場所はスケジュールの項目として選択できるようになります。

複数の変更結果を一度に保存することができます。 変更を保存する場合はEnterキーか、画面上部の ボタンを押してください。いずれの場合でも、現在選択されている入力欄以外も含め、ページ全体が保存されます。

8. その他の機能

8.1. ブックマーク

プロジェクトごとに、ウェブサイトのブックマークを8件まで登録しておくことができます。 ブックマークはナビゲーションに表示され、ウェブサイトへのリンクとして機能します。

8.2. プロジェクト設定

プロジェクト名の変更、共有設定、日毎スケジュールの初期値などを編集できます。

8.3. ユーザーのブックマーク

ユーザーごとに、ウェブサイトのブックマークを8件まで登録しておくことができます。 ブックマークはナビゲーションに表示され、ウェブサイトへのリンクとして機能します。

8.4. ユーザー設定

ユーザーの名前、メールアドレス、新規にプロジェクトを作成する際にプロジェクト名の前後につける文字(プレフィクス・サフィクス)の変更、ユーザーブックマークの初期化などができます。

9. プロジェクトを共有する

ひとつのプロジェクトを複数のユーザーで編集することもできます。

「プロジェクト設定」の「共有設定」で、共有したいユーザーのメールアドレスを入力し、 ボタンを押します。 そのメールアドレスがunpuzzleのアカウントとして登録されていれば、プロジェクトを共有することができます。

共有を解除する場合は、ユーザー名の横の赤いゴミ箱ボタン を押して下さい。

10. プロジェクトの完了/復帰

プロジェクトを完了済にすると、そのプロジェクトは「ホーム」の「プロジェクトの作成/選択」の表示から外れ、「完了したプロジェクト」に送られます。このように整理することで、進行中のプロジェクトに集中できます。

プロジェクトを完了済にするには、「プロジェクト設定」で ボタンを押します。

反対に、完了済にしたプロジェクトを現役復帰させるには、「完了したプロジェクト」から復帰させたいプロジェクトを選択し、「プロジェクト設定」で ボタンを押します。

11. プロジェクトの削除

プロジェクトを削除するには、「プロジェクト設定」で、確認のチェックボックスにチェックを入れて ボタンを押します。